三池海事事務所

創業 1953年

 

初代所長: 

  海事代理士 

     三池 廣治郎

 

二代目所長: 

  海事代理士・行政書士 

     三池 治行

 

 

事務所所在地:

〒130-0025

東京都墨田区千歳3-8-2-402

ライオンズマンション両国第六

 

TEL 050-1582-4525

(受付時間 9:00~18:00)

FAX 03-3631-1296

 

休業日

土日 祝日 年末年始

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

及び日本全国対応

 

 

 

アクセスカウンター

  お気軽にご相談ください

TEL:050-1582-4525

(受付時間 9:00~18:00)

FAX:03-3631-1296

Copyright© 2013 miikekaiji.jp

アクセスカウンター

プレジャーボート部門

当事務所では、20トン以上の輸入大型プレジャーボート(ヨット)、いわゆる「JG船」を数多く取り扱っています。 (過去5年間で50隻以上の実績あり)

 

JG船は、20トン未満の小型船舶(JCI船)とは異なり、船舶登記→船舶登録→JG検査が必要です。 

これらの手続きは、所有者本人または「海事代理士」のみに認められています。

 

JG船は、土地や建物などの不動産と同じく、法務局での登記が必要な大切な資産です。

ご自身の大切な資産を守るためにも、さまざまな手続きに関しては、知識と経験豊かな海事代理士に依頼されることをお勧めします。

 

当事務所では、関係する通関業者、マリーナ、ボート設計事務所、JG(運輸局)などと連携し、輸入から納艇までスムーズな手続きを心がけています。

2018年の取扱い実績

以下は、2018年に弊所が

総トン数測度、船舶検査、所有権登記、新規登録の手続きを行った輸入プレジャーボートです。

取り扱い業務 実績 (輸入プレジャーボート)

 

 

海外から輸入したプレジャーボート

 

曳航臨航(運輸局)

総トン数測度(運輸局)

船舶検査(運輸局)

船舶保存登記(法務局)

船舶登録(運輸局) 

 

輸入から登録まで、お任せください。

 

以下、2013年までの取扱業務実績の一部です。

 

 

 

取り扱い業務 実績 (国内建造プレジャーボート)

 

国内で建造したプレジャーボート

 

総トン数測度(運輸局)

船舶検査(運輸局)

船舶保存登記(法務局)

船舶登録(運輸局)という流れになります。

 

業務を取り扱った船舶

 

1.BREAKERS 61 (2009)

 

2.DIANA 60 Express (2013)

お手続きの流れ

輸入艇の手続き

   幣所で作成した「輸入艇の諸手続きの一般的な流れ」です。       

名義変更の手続き

   プレジャーボートの名義変更には以下のような手続きが必要です。      

まずはお気軽にご相談ください

オープンな雰囲気でお待ちしています。

  TEL:050-1582-4525 (受付時間09~18時)

  FAX:03-3631-1296